interview_catch_kuroishi

group_title_01

group_thumb_l_02

佐藤勇一郎

関東支店支店長

group_thumb_l_02

黒石義博

関東支店営業職

group_thumb_l_02

山本健太郎

関東支店営業職

group_thumb_l_02

大嶋敬太

新潟支店営業職

group_thumb_l_02

宇尾野大樹

関東支店営業職

「人間関係の良い会社」スギサキに入社してみて。

みなさんが入社の決め手になったポイントは?

大嶋 正直なところ、
私は就職活動に苦戦していて…。
その中でやっと内定をくれ
営業職で置いてくれると言ってくれたのが
杉崎リース工業でした。
なので、入った時は右も左も分からず。
とりあえず就職できたというのが
正直な理由です。

佐藤 私の時もバブルが弾けて
就職難という状況でした。
最初は金融系の勉強をしていて、
資格も持っていたけど、
なかなか難しかったですね。
金融業界で受かったところもあったけど
事務系の仕事でした。
自分の性格的に事務所の中にいるより、
外に出る営業職がいいと思っていたので…。
そうして探している時に、
たまたま見つけたのが
杉崎リース工業だったんです。
何の会社かな?と説明を聞きに来たら、
立派な会社という印象で、
そこで興味惹かれてこっちに決めました。

宇尾野 もともと営業職に就きたくて、
探していて内定をもらいました。
転勤はあるけれど、寮は用意してくれる。
今どき寮を用意してくれる会社は珍しいし、
サポートがしっかりしているという
印象で決めました。

黒石 僕もリーマン・ショック後で
就職が厳しくて悩んでいました。
まあスーツ着て働ければ
どこでも良かったけど(笑)
その中で、面接の時に社長が
志望動機なんかの
通りいっぺんの質問を並べるのではなく、
「お前はどういう人間なんだ」と
自分という人間のことを
すごく聞いてくれたんです。
それで、ちゃんと人を見てくれる会社だなと
感じて、それが一番嬉しかった。
人をとても大切にしてくれそうな会社だったから、決断できたんだと思います。

大嶋 確かにほかの会社とは違って、人間を知ろうとしてくる面接でした。

宇尾野 私は社長が忙しくて
面接してくれなかった……。
ただ、他にも受けていた会社の面接は
どちらかと言えば
“粗探し”といった印象だったけど、
この会社にはそんな雰囲気がなかったです。

山本 私は社長面接でしたが、
自己PRとか志望動機は
あまり聞かれなかったです。
一般的に聞かれるような、
「なんで志望したの?」とか、
「何でこの業界なの?」などは
全然聞かれなかった。
それよりも
自分がどういう人なのかを探るような
質問が多かった。
肩書や学歴などではなく、
自分という人間に
興味を持って聞いてくれるようで、
他の会社とは違っていた印象でした。

group_photo_01

職場での人間関係はいかがですか?

佐藤 私は本社採用には関わってないけれど、
支店では採用も担当する。
やはり
“人を知る”、“家族と同等の見方をする”
というのが、面接にも出ているのかな。
さっきも言ったけれど
ウチは「商店」に近いよね。
まぁ、私の採用の時は
社長も就任したてで、
マニュアル通りの面接でしたけどね。
「どういう本読んでいますか?」とか(笑)

支店で採用活動をするときも、
“どういう趣味なのか”とか、
“友だち何人いるの”とか、
“何して遊んでいるのか”などを
聞くようにします。
志望理由を聞いても、
きっと皆一緒の事を言うと思うので、
あえて聞く必要もない。
それよりも
社内でうまくやって行けるかどうかと言った
人間性を見極めたいと思っています。

黒石 僕も入りたての頃は
会社って仕事するところだから、
「仕事は仕事。プライベートはプライベート」
と考えていた。
けれど、会社のことが好きになってくると、
他の社員の人間性も
見るようになってくる。
今では、仕事終わりに一緒に飲みに行きたいな
とか思うようになりました。
身構えて入った分、
こんなに会社や社員の皆のことを
好きになっていったんだなぁと、
自分の気持が変わっていたのがよくわかります。

佐藤 いいこと言うねぇ。

黒石 でしょ!
それだけ社内に味方が多い会社だなと思う。

佐藤 まだ宇尾野くんとかは若いけれど、
これから何年?やめなければ
40年近く働くわけだから。
それだけ長く付き合っていくと、
ヘタしたら家族や親とかよりも
よく顔合わせることになる。
だから、単なる同僚とか
そういう付き合いだけだと
お互いストレスになってしまうよ。

なるべく皆で
いろんなことを話せるような
環境にしたいとは思っている。
社員は“子ども”じゃないけど、
それに近い感覚だよね。
ダメだったらから放り出せばいいという
わけじゃない。
自分の子どもが勉強できなくても
見守って一緒にやっていくでしょ。
それと同じだよね。
40年以上付き合うんだから。
“子ども”とか、“弟”だとか、そう思っているよ。

group_photo_01

失敗談や苦労話を聞かせて下さい。

山本 スギサキに入ってから
すごく見守られている印象があります。
入社して半年経ってても、
「まだまだ半年だから」と
皆がフォローしてくれる。
会社に守られていると実感していました。

黒石 僕の時は
「もういけ!」「現場で勉強してこい!」
「仕事取ってこい!」
って感じでしたけどね(笑)。
それは良い面も悪い面もあったけどね。

佐藤 そうだね。
俺の時もカタログ渡されて
「すぐいってこい!」「仕事とってこい!」
って放り出されたね。

宇尾野 えっ!?今って、
すごくフォローしてもらってるんですね。

黒石 そうだよ!
僕が新人の時は
支店に配属されてすぐに、
何にもわからないまま
カタログだけ渡されて。
「飛び込み営業で行ってこい」って。
お客さんのところに行っても、
自分の会社がどんな商品扱っているかも
分からないし、
何も話せることがないですよね。
新人だし、お客さんの方が知識あってタジタジ。
結局、うちの取扱商品じゃないものの注文を
取って来ちゃいました。
その時は仮設トイレを注文もらって帰ってきて。
後日「うちトイレやってなかったです」
って平謝りしに行きました。

佐藤 それならまだいいよ。
俺の時は「トイレもやれ」だった。
現場にあるものはなんでもやろうと。
仕入先はあるからどうにかなるだろうと
一切合切やっていたよ。

黒石 えー!

佐藤 バリケードとか。
ペンキ塗りまでやっていた。
当時は「何でもやれ!断るな!できるだろう!
ノウハウはあるから」って。
そういう方針の時もあったんだよ。

大嶋 うわー、そうなんだ。

佐藤 今は「すみません、
うちでは扱っていません」って
断ることも多いけど。
昔はそれを言ったら怒られていた。

黒石 そうだったんですね。

佐藤 それと昔は、
建設会社が潰れるってことも
多々あったんだよ。
そうなったらお金は後回しにして、
先にレンタルしている資材を回収しなきゃなんだ。
大手とか潰れたという一報が入ると
現場が30個とかあるから、
皆で慌てて手分けして回収にいく。
中小企業が潰れるともう倒産だから、
関係している業者で資材の奪い合いだよ。
あれは怖かったね。
鉄板なんてカネになるから。
今はもう倒産とかはあまりないけど、
昔はそれが大変だった。

山本 うわぁ・・・。

大嶋 おっかない・・・。

黒石 うちの扱っているのは建設資材のレンタル品で、 現場から返却があればまたそのレンタル品を使用してお金を稼げる商品だから。 そのレンタル品を貸出から返却まで管理するのは大変ですよね。

佐藤 黒石ほかに失敗とかは?

黒石 僕は、さっきのトイレの話とか、
それ以外にも最初の頃は
ウチの資材を使わないような
全然関係ない会社に営業をしかけちゃったり、
失敗ばかりでした。
でも、だからこそ今の自分がある。
おかげで鍛えられました!

佐藤 偉そうにしているけど、
最初はみんなそんなもんよ。

黒石 ははは(笑)

大嶋 いやいや。僕らは、
まだ仕事を覚えるので精一杯です。
早く慣れたいです。

group_photo_01

group_fotter_catch_01